2011年03月27日

3月が終わってしまう

最近ぷよモチベは回復してます。
むしろ、友人たちと対戦しすぎて春休みが凄い勢いで過ぎ去っていきますw

本来は大学院生に春休みもくそもないんですけど、地震のおかげで登校自粛になって休みを謳歌しています。
ちなみにうちの地域は、地盤の液状化で大変なことになってて断水で苦しめられたんですが、家の中はほとんど被害がありませんでした。
机に飾ってたねんどろいどのフランの羽の先っちょが折れたくらいで、稼動してた自宅サーバとかも無事でした。
今は休みの大部分を部屋の片付けと本の裁断・スキャン作業で消費しています。
特に自分は本をたくさん買ってしまう人なので、電子化の作業にとても苦労しています。
ただその分、本棚を空けて他のものを収納していくと驚くほど部屋がすっきりしますね。
部屋が本で埋まって困っていて、なおかつiPadとかの電子書籍端末を持っている人にはおすすめですよ。(初期投資として、裁断機とスキャナで6万くらいかかってしまいますが。)


さて、本題です。
同時消しの得点については、どういう量を取ってきてどういう表、もしくはグラフを示すかの大まかな方針は決まったのですが、どういう種類のデータまで取ってこようかということで悩んでいます。
たとえば、(同時消しの土台で)催促で相手に本線を打たせた後、とっさに連鎖尾側を伸ばすときに、同時消し追加はできずに単純に同時消し後の連鎖を伸ばしてたとえば下の動画のように6連鎖トリプルの8連鎖、とかを実戦ではわりとよくやったりします。



本当は(相手のセカンドの時間を削るため)6連鎖5組同時消しにしたいところですが、同時消しにするのはぷよの置き方にわりと制約が多いので、仕方なく6連鎖トリプルの8連鎖にしたという流れです。
このように、同時消しが連鎖の最後に無いような連鎖の得点力も調べようかなと思っているところです。
セカンドや伸ばしが効率的な上級者のレベルでは、単純連鎖と比較して最後が同時消しになる連鎖の方が得点的に強いことが予想されるのですが、ぷよの置き方の制約は逆に多くなると予想されるので、中盤戦も含めた総合力では結論が分からないという感じです。
が、少しでも総合力の参考になるデータの一つして、最後ではなく途中が同時消しになっている連鎖の得点力を考えようとしているわけです。

以上、簡単な現状報告になります。
posted by むうむ at 16:50 | Comment(0) | ぷよぷよ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。